赤ちゃん 歯ぎしり

こんにちは。
綾瀬デンタルクリニック、院長の髙橋です。

普段、起きているときや寝ているときに赤ちゃんの歯ぎしりを聞いて驚いたことはありませんか?赤ちゃんが歯ぎしりをしていると心配になると思いますが、これは赤ちゃんの成長の一部なんです!
今回は赤ちゃんの歯ぎしりについてお話しします。

赤ちゃんの歯ぎしり

赤ちゃんの歯ぎしりには、個人差もありますが前歯が生えそろってくる6~9か月ごろに、上下の歯をすり合わせることで生じるものがあります。
これは、歯があることを確認し、次に生えてくる歯の位置を調整する無意識の動作です。
他にも、歯ぐきがむずがゆく感じ、むずがゆさを解消するのに歯ぎしりをしているとも言われています。

もし歯ぎしりが気になるようであれば、赤ちゃんに噛んで遊べるおもちゃを与えると歯ぎしりが減る可能性があります。
赤ちゃんの歯ぎしりが大人と同様にストレスが原因であるという科学的根拠は見つかっていませんので、ストレスを心配する必要はありません。

小児歯科へご相談を!

歯ぎしりが原因で歯が欠けたり、グラグラしたりする可能性がないわけではありません。
そのような症状が出た場合は早めに小児歯科に相談することをオススメします。

当院では小児歯科も行なっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。