言葉の日

こんにちは。
綾瀬デンタルクリニック、院長の髙橋です。

5月18日は「ことばの日」です。

ことばの日とは

「横浜みなとみらいBUKATSUDO連続講座 言葉の企画2019」の企画生らが制定した記念日。
「ことば」を大切に使い、「ことば」によって人と人とが通じ合えることに感謝し、「ことば」で暮らしをより豊かにすることが目的です。
日付は言葉の「葉」が5月の新緑の瑞々しさを表しているとの思いと、5と18で「こ(5)と(10)ば(8)」と読む語呂合わせから。
漢字の「言葉の日」ではなく、ひらがなの「ことばの日」としたのには手話や点字など広い意味での「ことば」を知ってもらいたいとの思いが込められているそうです。

「ことば」のために入れ歯を知ろう

「入れ歯」は失ってしまった歯を補う治療の一つで、部分入れ歯と総入れ歯の二つに大別することができ、自費と保険の入れ歯があります。

入れ歯にした方のお悩みで多いのが「発音がしにくい」といった発声についてです。
特に総入れ歯になった方は慣れるまでに1~2週間はかかり、違和感があるなかで発音するのが難しくなるのは自然なことです。
特にサ行やハ行の音は難しいとされているので、これらを含むことばをよく練習しましょう。
入れ歯を装着した自分の声に慣れることも大切です。

しかし、このような練習や訓練をしても入れ歯に違和感がある方は、厚みや噛み合わせなどが合っていない場合がありますので、まずはかかりつけ歯科医院のに相談してください。
当院でも入れ歯についてのご相談も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。