むし歯予防デー

こんにちは。
綾瀬デンタルクリニック、院長の髙橋です。

6月4日は「むし歯予防デー」です。

1928年に日本歯科医師会が、語呂合わせと学校歯科健診の時期としても適しているという理由から、6月4日と決めました。
1955年には「歯の衛生週間(6/4~6/10)」として学校歯科健診が行われるようになり、全国的に知られるようになりました。
2013年には「歯と口の健康週間」と名称が変更され、現在に至ります。
今回はこの日にちなんで、歯科検診の大切さをお話しします。

歯と口の健康の重要性

歯や口腔の健康を保つことは、生涯を通じて自分の歯で食べる楽しみを味わうことにつながるうえ、バランスのとれた適切な食生活を送ることも可能にします。
また、肥満や糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながり、全身の健康にも大きく関ります。

歯科検診の重要性

「歯と口の健康週間」を機会として、歯科検診を受けてみてはいかがでしょうか。
歯科検診では、歯や歯ぐきの状態を詳しくチェックし、問題が見つかった場合は早期に対処することができます。

定期的に歯科検診を受けることで、虫歯や歯周病の早期発見・治療に役立ち、さらに歯みがきやフロスの方法など、そのときの口腔状況に合わせた口腔ケアの方法についての指導を受けることができます。

まとめ

「歯と口の健康週間」は、歯や口腔の健康について考える良い機会です。
歯の健康を維持することで、全身の健康も守ることができます。この機会に、ぜひ歯科検診を受け、正しい口腔ケアの方法を学びましょう。

当院では、歯科検診や歯みがき指導を行なっています。
特に、歯みがき指導ではお子様や高齢者の方など、ご自身だけではケアが難しい方向けのアドバイスも可能ですので、ぜひご家族でご相談に来てくださいね。